Webに無限の可能性、
広告に頼らないをテーマにした集客を仕組みから構築

運営 メディア運営 Webライター
T.O 2021年入社(中途)

まずは、現在の仕事内容を教えてください

“広告に頼らない” をテーマとした集客を
仕組みからつくっています

タイガーラックが運営する自社ECサイトの管理、保守、制作など全般を担当しています。

主にWebの集客方法の一つである”コンテンツマーケティング”を担当させていただいています。

現在は顧客となりうる方の情報をいろんな面から調査して、そのデータに基づいたコンテンツ(=記事)を発信し、お客様の獲得を目指しています。

コンテンツマーケティングでは、すでに商品の比較検討しているお客様だけでなく、「将来的に買っていただけそうな方」も意識してコンテンツを作成しています。

例えば、弊社が販売するスチールラック(棚)の比較検討をしているお客様だけでなく、「倉庫内の作業を効率化するには、どのようにすればいいのだろう?」といったことを調べていらっしゃる方のニーズも汲み取って、サポートできるコンテンツを作成、発信したりしますね。

タイガーラックに入社される前は、何をされていましたか?

個人事業主として活動していました。

主に自身で立ち上げたWebメディアを運営したり、会社員時代やプライベートで知り合った社長さんの依頼でWebサイト制作を手伝っていました。

それ以前は、会社員として通信会社での営業経験のほか、産業機械業界や不動産業界の会社で自社のホームページ制作に携わって、Webに関する経験や知識を身につけました。大変な時期もありましたが、いい経験でした。

なぜ、Web業界で働こうと思ったのですか?

Webに無限の可能性を感じた

初めてWeb業界に足を踏み入れたのは、父親が経営する工務店のホームページ制作を手伝ったときです。

そこで制作経験を積み、SEO対策(ページを検索結果の上位に表示させる施策)の責任者としてチームをまとめていました。

日々、Webの最新情報をキャッチして試行錯誤を繰り返していくうちにホームページも成長していくことを実感できるのが楽しかったです。明らかに変化を感じたのは遠方からの問い合わせの増加ですね。

それまでは会社周辺のお問い合わせばかりでしたが、北は北海道から南は沖縄、さらには海外からの問い合わせも増えました。

これは、街の小さな工務店では“Webを活用しない限り到底実現できなかった”反響でした。

その後も私が働いた会社の先々でWebの力を借りることで、会社が大きく変化する様子を目の当たりにして”Webの可能性”をより大きく感じていきました。

なぜ、この会社に入社したのですか?

一番の決め手は、直感的に”面白そう”と感じたからです。

個人事業主として独立した当初は、会社に縛られない自由な働き方に満足していましたが、朝起きて自宅やカフェで一人黙々と作業していくルーティンに段々と物足りなさを感じました。

そして、30歳を節目に「このままの働き方を30代、40代、50代と続けても良いのだろうか」と働き方に疑問を持つようになりました。

そんなとき、求人でたまたま目に留まったのが、タイガーラックです。

求人ページからは従業員が働きやすい環境づくりとWebにとても力を入れている点が伝わってきました。また、主力商品の業務用スチールラックは目立つ存在ではありませんが、倉庫、工場、バックヤードなどで必ずと言っていいほど導入されるものです。

今後も社会で普遍的に必要とされるもので、商材の安定性と会社の可能性に魅力を感じました。

会社員に戻ることに不安はありましたが、それよりも「この会社であれば、面白い仕事ができそう」という想いが何度も求人を見返すほど強くなり応募しました。

実際に入社してみてどうでしたか?

組織で働く良さを実感!

実際に働きだして「本当にこの会社に決めて良かった」と感じています。

これまでコンテンツ制作に長く携わっていましたが、社内でWebの担当者が私一人といった状況が多く、Web関連の知識もほぼ誰に教わることもなく独学で習得してきました。

タイガーラックは、Webに力を入れているだけあって、各分野に精通した仲間がいて気軽に相談、意見を求めれる環境が整っています。

例えば、作成したコンテンツを直接、またはコミュニケーションツールを活用して内容を確認してもらいます。すると「ここは、もっとこうしたら分かりやすいかも!」といったフィードバックを必ずもらえます。

「あ!そういう表現方法があったか!」といった場合は、そのまま反映。

「ここを変えてしまうのはどうなんだろう?」と疑問に感じたときは、意見をすり合わせてより良いものを作り上げます。

チームでコンテンツをチェックすることで自分一人では思いつかないアイデアが本当に幾つも出てきます。それが組織の魅力であり、自分自身の知見も広がりますし、仕事に刺激が生まれて自分の成長に繋がります。

そんな良いサイクルで仕事できる風通しのよい環境があるのがタイガーラックという会社であり魅力だと感じています。

タイガーラックはどんな会社ですか?

とにかく人間関係が良い、人材に恵まれた会社だと感じます。

ほどよい距離感で居心地がよく、馴染みやすい会社だと私は思います。

あと福利厚生は本当にすごいです。

社内には、さまざまな種類のお菓子や飲み物、軽食が用意され、誰でも自由にとることができます。私も仕事中に口が寂しくなったときは、お菓子を食べています。

また、お弁当(自由に選べます)の支給や毎週水曜日には上限1,500円まで会社負担で外食もできるので、生活面でも非常に助かっています。

ビル内のジムやヨガスタジオも使い放題なので仕事終わりに体を動かしたい方にもおすすめですね。私は使ってませんが笑

と、説明しきれないぐらい福利厚生に対して積極的に取り組まれてる会社です。

休日はどのように過ごしていますか?

夫婦でのんびり映画やドラマを楽しんだり、最近はDIYにも挑戦しています。

タイガーラックは、残業なしで定時に帰りやすい雰囲気です。

私も定時になったら帰宅しているので休日に仕事の疲れが残ることなく、思いっきりプライベートを満喫できています。

休日に強制的な社内イベントもなく、私のようにワークライフバランスを重視する方におすすめです。

年間休日125日以上で有給休暇も100%希望通り取得できる環境となっているので、旅行も楽しめますよ。

ある1日のスケジュール

09:00 出社・アクセス解析
09:20 記事作成
12:30 昼食
13:30 記事作成
15:00 小休憩
16:00 記事のチェック・校正・公開
18:00 退社
社員インタビュートップへ戻る